のぼりが色褪せて困る。色褪せを防ぐコツとは?

あるお店(飲食店)でランチタイムだけのパート勤務をしている主婦です。

お店の前にはいつものぼりを設置しているのですが、それが色褪せてしまって貧相に見えてきました。

交換の時期かなと思いますが、少しでも色褪せが防げたら良いのになと思います。

色褪せを防ぐ方法はあるのでしょうか。

《直射日光を避ける》

良い天気の日にはのぼりを外に出して店先に並べますが、ちょうどお店の前に数時間だけ太陽の光が直接当たることがあります。

色の濃い洋服なども日光に当てて干していたら色褪せてきますよね。

のぼりもそれと同じです。

直射日光をできるだけ避ければ、色褪せは防げます。

直射日光が当たる時間帯だけ設置位置をずらすとか、店内に入れるなどを検討した方が良いでしょう。

《雨に当てないこと》

雨の日はのぼりを外に出さないようにしているのですが、急に降ってくることもありますよね。

そんな時はやっぱり濡れてしまうので、これがあまり良くないのかなぁとも思います。

特にゲリラ雷雨は突然大雨になるので大変です。

お天気も気にしながら、怪しくなってきたら屋内に取り入れることも大事ですね。

《色褪せなければ長く使える》

色褪せたのぼりはやはりそのお店のイメージも良くないですから、色褪せないように注意して使うようにしたいですね。

直射日光を避け、雨に当てないようにするだけで色褪せしにくくなり、のぼりも長く使えるようです。

とても簡単な方法ですから、すぐに実行しようと思います。